このページの本文へ移動

名古屋市環境学習センター・エコパルなごや http://www.kankyo-net.city.nagoya.jp/ecopal/

私たちをとりまく「環境」について楽しみながら、学び、体験し、考える

文字サイズ

エコパルなごやに遊びに行こう!

平成30年度の企画展示

平成30年度

  • 2019年3月
*
出展者
グリーンサイクル株式会社
出展内容
タイトル「家電とPCのリサイクルに関するパネル展示」
家電4品目(テレビ、冷蔵庫、エアコン、洗濯機)やパソコンのリサイクルについて、ご家庭から出された家電製品がリサイクル工場に来るまでの流れと、グリーンサイクルでの処理方法などのご紹介を通じて、正しいリサイクルの大切さをお伝えします。
期間
平成31年3月1日から31日まで

  • 2019年2月
*
出展者
想いでつなごう!おりがみアクション事務局
出展内容
タイトル「おりがみコアラ 2020チャレンジ」
国際自然保護連合日本委員会では、COP10の成果「国連生物多様性の10年」の最終年である2020年に向けて、生物多様性の普及活動を盛り上げていくため、絶滅危惧種であるコアラのおりがみを2020個集めるチャレンジをしました。多くの方のご協力により、目標の2020個を上回る2526個のコアラのおりがみが集まりました。
全国から集められた素敵なコアラのおりがみと、国産竹100%の竹紙でつくった大きなおりがみコアラの展示をします。
期間
平成31年2月1日から28日まで

  • 2019年1月
*
出展者
パナソニック エコシステムズ株式会社
出展内容
タイトル「第13回環境絵画コンクール入賞作品展示」
パナソニック エコシステムズ(株)では、子どもの頃から環境について考える習慣を身につけてもらうために小学生を対象とした環境絵画コンクールを開催しています。
今回のテーマは「大切な自然・生きもの」。全国から応募頂いた712点の中から選ばれた優秀作品10点の展示を行います。子どもたちのすばらしいアイディアとメッセージをぜひご覧ください。
期間
平成31年1月8日から31日まで

  • 12月
*
出展者
名古屋市環境局環境企画課
出展内容
タイトル「環境白書表紙絵入賞作品展示」
「平成30年度版 名古屋市環境白書表紙絵募集」で入賞した作品を展示します。
期間
平成30年12月1日から28日まで

  • 11月
*
出展者
藤前干潟ふれあい事業実行委員会
出展内容
タイトル「藤前干潟写真展 藤前干潟の魅力~風景・生き物~」
募集した藤前干潟の写真を展示します。写真をとおして、藤前干潟の魅力を皆様へお伝えします。
期間
平成30年11月1日から30日まで

  • 10月
*
出展者
花王グループカスタマーマーケティング(株)
出展内容
タイトル「いっしょにeco」
くらしの中で簡単にできるエコをクイズでご紹介します。 体験された方にはプレゼントを差し上げます!
期間
平成30年10月1日から31日まで

  • 9月
*
出展者
なごや環境大学
出展内容
なごや環境大学後期(10月から3月開催分)ガイドブックと講座・イベントのチラシ配布。
期間
平成30年9月1日から30日まで

  • 8月
*
出展者
MSC(海洋管理協議会)日本事務所
出展内容
「海のめぐみをいつまでも」
MSC「海のエコラベル」は、環境にやさしい漁業で獲られた水産物にのみ付けられます。消費者がエコラベル付の製品を選ぶことが、将来の世代へ水産資源を残していくことに繋がります。
期間
平成30年8月1日から31日まで

  • 7月
*
出展者
もくもく楽舎 
たけちゃん工房
出展内容
剪定木などで作った「ぶたカエル」や「カマキリ」などの虫たちが、春はお花見、夏は盆踊り、秋は稲刈り、冬は餅つきと、各季節を楽しく過ごしている様子を展示します。
期間
平成30年7月1日から29日まで

  • 6月
出展者
環境局ごみ減量部減量推進室
出展内容
物を大切にする意識の向上のため、粗大ごみのうち再使用が可能な家具類を修理し、リユース(再使用)家具として展示販売しています。
※家具の持ち込み・引取りは行っていません。
期間
平成30年6月1日から20日午前11時まで
販売形式
入札
入札参加要件
市内在住又は在勤の個人で、転売等の営利を目的とせず、自ら使用することができる方に限ります。

  • 5月
出展者
環境局ごみ減量部減量推進室
出展内容
物を大切にする意識の向上のため、粗大ごみのうち再使用が可能な家具類を修理し、リユース(再使用)家具として展示販売しています。
※家具の持ち込み・引取りは行っていません。
期間
平成30年5月3日から20日午前11時まで
販売形式
入札
入札参加要件
市内在住又は在勤の個人で、転売等の営利を目的とせず、自ら使用することができる方に限ります。

トップに戻る