【ここから共通メニュー】

共通メニューを飛ばして本文へ

エコパルなごや・http://www.kankyo-net.city.nagoya.jp/ecopal/

私たちをとりまく「環境」について楽しみながら、学び、体験し、考える

文字の大きさを変更 文字を大きくする文字を元に戻す
文字を大きくするには

【ここから本文】

エコパルなごやとコパとジュンちゃんの紹介

なぜ「エコパルなごや」なの?

「名古屋市環境学習センター」(開館年月日 平成7年12月1日)の愛称

公募によって決まりました。
(940点の応募の中から、最優秀賞作品を採用)

ネーミングコンセプト“環境を学ぶ仲間が集まる場所”をイメージ

*

生態学 = 人間を含めた生物とその環境との相互関係を研究する学問
エコ = 「環境」「自然」の意の接頭語
パル = 親しい友達、仲間

ページの先頭に戻る

*

コパってなに?

名古屋市環境学習センターのマスコットキャラクター

公募によって決まりました。
(254点の応募の中から、最優秀作品を採用)

ネーミングコンセプト“環境を考えるかわいいおばけ”をイメージ

*

環境学習センターの愛称が決まってから公募しているため、「エコパルなごや」の「コパ」にも引っ掛けている。

コパのプロフィール

名前
環境を考えるかわいいおばけ「コパ」

生年月日
平成9年5月22日(エコパルなごやマスコットキャラクター決定日)

性別
おとこのこ

住んでいるところ
ブナじいの森

好きな食べもの
きれいな水、おいしい空気

きらいなもの
排気ガス、きたない水

すきなことば
みどりいっぱい、生きものいきいき、ゆたかなちきゅう

とくいわざ
ねじり、ちゅうがえり

ページの先頭に戻る

*

シャチのジュンちゃん

「資源循環型社会」を目指す名古屋をイメージした、子供からお年寄りまでが親しめるマスコットキャラクター。
名古屋のシンボルである金のしゃちほこが青い地球を抱いたイメージで作成。

平成13年に一般公募し、応募総数127点の中から選考委員が優秀作品を7点選考し、再度市民のはがき・ファックス・インターネット等による一般投票で決定。

環境を大切にすることは自分の安らぎになること。金銭感覚のしっかりした名古屋人だからこそ、お金では買えない地球を大切にしてほしいという思いがこめられている。

ページの先頭に戻る

【ここからフッタエリア】

アクセシビリティについて 個人情報の取り扱いについて 免責事項について リンク

Copyright(C) 2015 City of Nagoya, All rights reserved.

名古屋市環境学習センター エコパルなごや