【ここから本文】

レッドリスト・レッドデータブックとは

「レッドリスト」とは、絶滅のおそれのある野生生物の種のリストです。「レッドデータブック」とは、レッドリストに掲載された種の生息・生育状況や、減少要因などを解説した冊子です。

「レッドデータブックなごや2015」の閲覧・ダウンロード

レッドデータブックなごや2015

名古屋市では、絶滅のおそれのある野生生物を把握・評価し、その結果を公表することで、絶滅のおそれのある野生生物への理解を深めてもらうとともに 適切な配慮を促すことを目的として、「レッドリスト」及び「レッドデータブック」を作成しています。

最新版「レッドデータブックなごや2015」は、名古屋市公式ウェブサイトから閲覧・ダウンロードすることができます。

レッドリスト・レッドデータブックの詳細については、名古屋市公式ウェブサイトの「絶滅のおそれのある野生生物」のページ(外部リンク)をご覧ください。

「レッドデータブックなごや2015」の掲載種数

「レッドデータブックなごや2015」掲載種数

分野

絶滅(EX)

絶滅危惧IA類(CR)

絶滅危惧IB類(EN)

絶滅危惧II類(VU)

準絶滅危惧(NT)

情報不足(DD)

維管束植物

75

49

58

72

38

0

292

コケ植物

1

0

0

3

15

0

19

哺乳類

2

11

2

2

2

3

22

鳥類

0

2

7

15

21

3

48

は虫類

0

0

0

4

1

3

8

両生類

0

5

1

2

0

0

8

魚類

0

8

8

6

4

6

32

昆虫類

19

16

26

24

52

19

156

クモ類

0

6

3

9

8

3

29

カニ類

0

0

2

4

4

0

10

貝類

4

27

8

9

32

3

83

合計

101

124

115

150

177

40

707

「レッドデータブックなごや2015」の調査体制

「レッドデータブックなごや2015」の改訂にあたっては、野生動植物に関する専門家で構成する「名古屋市動植物実態調査検討会」を中心に調査・検討を行いました。検討会の委員は以下のとおりです。

委員名簿(敬称略)

専門分野

氏名

所属・役職等

維管束植物

芹沢俊介

愛知教育大学名誉教授

維管束植物

鳥居ちゑ子

愛知植物の会会員

コケ植物

成田務

新城市鳳来寺山自然科学博物館学術委員

哺乳類

野呂達哉

名古屋市環境局生物多様性専門員、

金城学院大学非常勤講師

鳥類

小笠原昭夫

名古屋学芸大学短期大学部非常勤講師

は虫類

矢部隆

名古屋市環境局生物多様性推進参与、

愛知学泉大学現代マネジメント学部教授

両生類

藤谷武史

名古屋市緑政土木局東山動物園業務技師

魚類

谷口義則

名城大学理工学部環境創造学科准教授

昆虫類

田中多喜彦

名古屋市高年大学鯱城学園講師

クモ類

須賀瑛文

日本蜘蛛学会会員

カニ類

天野勲

日本甲殻類学会会員

貝類

川瀬基弘

愛知みずほ大学人間科学部講師

これまでの経緯

平成12年から市内における動植物の生息・生育実態調査を実施し、「名古屋市版レッドリスト」を平成14年11月にまとめるとともに、「レッドデータブックなごや2004」を平成16年3月に発行しました。

その後、生息・生育状況の変化などに対応するため、平成20年から名古屋市版レッドリストの見直しを行い、平成22年3月に改訂版の「名古屋市版レッドリスト2010」を公表しました。そして、平成22年10月、新たにレッドリストに追加された種を中心に「レッドデータブックなごや2004」以降の追加情報を取りまとめた「レッドデータブックなごや2010 ―2004年版補遺―」を発行しました。

その後、平成24から26年度にかけて、「名古屋市動植物実態検討会」において調査検討を行い、平成27年3月に「名古屋市版レッドリスト2015」を公表し、平成27年4月に「レッドデータブックなごや2015」を公表しました。

ページの先頭へ戻る

Copyright © City of Nagoya. All rights reserved.