【ここから本文】

このページでは、なごや生物多様性センターが主催する体験講座・講演会等を紹介します。

なお、なごや生物多様性保全活動協議会と協働で実施している生物調査の詳細については、協議会のウェブサイト(外部リンク)をご覧ください。

イベント情報

■イベントスケジュール

日付 タイトル テーマ
2016年10月30日(日曜日) 第3回なごや生物多様性センターまつり・生物多様性ユースひろば

生物多様性カフェ

「第3回なごや生物多様性センターまつり・生物多様性ユースひろば」を開催します

「第3回なごや生物多様性センターまつり・生物多様性ユースひろば」を開催します。

生きものに触れたり、標本を見たり。生きものや環境について、子どもから大人までみんなが気軽に楽しみながら学べるまつりを開催します。生物多様性ユースひろばでは、高校の生物部などの学生たちが活動の成果を発表します。

詳しい内容は、チラシをご覧ください。

チラシはこちら(PDF形式:4.0MB)

●開催日時
平成28年10月30日(日曜日)午前10時から午後3時(小雨決行)
●会場
なごや生物多様性センター→アクセス
●内容
・水辺の生きものとのふれあい
・チリメンジャコの中からモンスターを探そう
・外来種ブラックバスの試食
・ワークショップや鳥の巣箱づくり体験
水族館・動物園のブースなど、様々なブースやパネル展示が盛りだくさん!
そのほか、ステージでの高校生によるPR発表や生きものトークなど、楽しい企画がいっぱい!
詳しくはチラシをご覧ください。
●参加費
入場無料
●お問合せ先
なごや生物多様性センター
住所:〒468-0066 名古屋市天白区元八事五丁目230番地
電話番号:052-831-8104
ファックス番号:052-839-1695
電子メールアドレス:bdnagoya@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp
業務時間:月曜日から金曜日の8時45分から17時30分まで(休日・祝日・年末年始を除く)

過去のイベント

生物多様性カフェについては、終了後の生物多様性カフェをご覧ください。

レッドデータブックから学ぶ「なごやの生きもの」を開催しました

平成28年1月31日(日曜日、陸生編)、2月6日(土曜日、空編) 、7日(日曜日、水辺編)20日(土曜日、昆虫・クモ編)、21日(日曜日、植物編)に、「レッドデータブックなごや2015」の執筆者から、希少種をはじめとする「なごやの生きもの」の現状や、保全にあたっての注意点などについて学ぶ講座を開催しました。チラシはこちら(PDF形式:1.5MB)

植物標本作製講座(初級編・12月)を開催しました。

平成27年12月21日(月曜日)、22日(火曜日)に、植物標本のマウントの仕方を学ぶ講座を開催しました。チラシはこちら(PDF形式:141KB)

「第2回なごや生物多様性センターまつり」「生物多様性ユースひろば」を開催しました。

平成27年11月1日(日曜日)、市民団体、事業者、学校・教育研究機関等のブースをまわって自然や生き物に関わる活動の楽しさを知っていただく「第2回なごや生物多様性センターまつり」と、高校の生物部などの学生たちが活動の成果を発表し交流する「生物多様性ユースひろば」を開催しました。

植物標本作製講座(初級編・11月)を開催しました。

平成27年11月10日(火曜日)に、植物の学術標本の作り方を学ぶ講座を開催しました。

植物標本作製講座(初級編・10月)を開催しました。

平成27年10月7日(水曜日)に、植物の学術標本の作り方を学ぶ講座を開催しました。

植物標本作製講座(初級編・9月)を開催しました。

平成27年9月2日(水曜日)に、植物の学術標本の作り方と、検索表を使った簡単な同定方法を学ぶ講座を開催しました。

植物標本作製講座(初級編・8月)を開催しました。

平成27年8月4日(火曜日)に、植物の学術標本の作り方と、検索表を使った簡単な同定方法を学ぶ講座を開催しました。

植物標本作製講座(初級編・7月)を開催しました。

平成27年7月7日(火曜日)に、植物の学術標本の作り方と、検索表を使った簡単な同定方法を学ぶ講座を開催しました。

希少種シンポジウム2015「次代に引き継ぐなごやの貴重な生きものたち」を開催しました。

「名古屋市版レッドリスト2015」、「レッドデータブックなごや2015」の公表を目前に控え、平成27年2月28日(土曜日)にシンポジウムを開催し、動植物実態調査によって明らかになったなごやの生きものの現状を各分野の専門家からご報告いただきました。

第1回なごや生物多様性センターまつりを開催しました

平成26年5月10日(土曜日)、生物多様性について来場者の方々に楽しく体感していただくため、市民グループ・学校・事業者等の出展者がなごや生物多様性センターに集結し、「なごや生物多様性センターまつり」を開催しました。

希少種シンポジウム「次代に引き継ぐなごやの貴重な生きものたち」を開催しました

調査から明らかになった、なごやの希少種の現状などについてお伝えするため、平成26年3月1日(土曜日)にシンポジウムを開催し、調査の中間報告を行いました。シンポジウムでは、レッドリストを担当している各分野の専門家から、調査によってなごやで初確認された生きものがいることや、今まで身近に見られた生きものがみられなくなってきていることなどの話がありました。

「藤前干潟ふれあいデー2013」に出展しました。

平成25年10月5日(土曜日)に藤前干潟ふれあいデーの稲永会場において、なごや生物多様性センター・なごや生物多様性保全活動協議会の取組を紹介したパネルの展示、 カメパズルを使用した参加型ブースを出展しました。

「植物標本作成研修会」を開催しました。

平成25年4月23日(火曜日)に、なごや生物多様性センターにおいて、名古屋市動植物実態調査検討会委員(維管束植物担当)による植物標本を作成するための研修会を開催しました。

「動植物実態調査中間報告会」を開催しました。

平成25年3月10日(日曜日)に、動植物実態調査の内容や調査を通して明らかになったなごやの生きものの「今」をご報告するとともに、市民の皆さんに参加・協力を呼びかける報告会を開催しました。

「ワラを使った紙すき体験」を開催しました。

平成24年12月21日(金曜日)に、港区の「ビオトープ田んぼ」の稲刈りでとれたワラを使い、手作りのきれいな紙を作る講座を開催しました。

「藤前干潟ふれあいデー2012」に出展しました。

平成24年11月18日(日曜日)に、藤前干潟ふれあいデーの藤前会場へ出展し、生きものが生息しやすい無農薬田んぼについてのパネル展示、「生きもの田んぼふれあい体験」で収穫した「もち米」をつかった餅つきの実演などを行いました。
なお、ついたお餅を販売して得られた売り上げは、すべて「東日本大震災義援金」へ寄附しました。

「稲刈り体験と生きもの観察会」を開催しました。

平成24年9月29日(土曜日)、稲刈り体験をしながら田んぼの生きものを間近で観察できるイベントを開催しました。

「活動展示と夏休み生物多様性講座」を開催しました。

平成24年8月25日(土曜日)~26日(日曜日)、収集した生体(実物)や標本、生物調査などの活動についてのパネル展示および、葉っぱや陸貝を観察する講座を開催しました。

「草取り体験と生きもの観察会」を開催しました

平成24年7月21日(土曜日)に、草取り体験をしながら、田んぼの生きものを間近で観察できるイベントを開催しました。

「田植え体験と生き物観察会」を開催しました。

平成24年6月2日(土曜日)に、田植え体験をしながら、田んぼの生きものを間近で観察できるイベントを開催しました。

講座「なごや生物多様性センターへ行ってみよう!」を開催しました。

平成24年5月12日(土曜日)~13日(日曜日)、改装工事を終えた「なごや生物多様性センター」の施設のお披露目を兼ね、なごや生物多様性保全活動協議会と共催で「―開設記念行事― なごや生物多様性センターへ行ってみよう! 『活動展示&生物多様性講座』」を開催しました。

第1弾シンポジウム「どう向き合う?外来生物 -なごやの自然の未来を考える-」

平成24年3月10日(土曜日)に、名古屋市科学館、なごや生物多様性保全活動協議会と共催で、外来生物の問題と市民や専門家・行政など多様な主体同士の協働による活動をより広くより深く進めるにはどうしたらよいかを考えるシンポジウムを開催しました。

ページの先頭へ戻る

Copyright © City of Nagoya. All rights reserved.