【ここから本文】

生物多様性とは?

地球上には、様々な生きものが互いに「つながりあい」そして「バランスをとりながら」生きています。この、生きものとそのつながりの豊かさを「生物多様性」といいます。

いろいろなものがいること

いろいろな生きものたち

この地球上には、知られているだけで約175万種、未知のものを含めると3,000万種とも言われる生物が暮らしています。これを「種の多様性(=いろいろな生きものがいること)」と言います。

また、生きものの暮らす環境を見てみると、森林や草原、砂漠、河川やサンゴ礁などと様々です。 すべての生きものは、約40億年もの進化の過程でこれらの環境に適応することで、多様に分化したのです。この「生態系の多様性(=さまざまな環境があること)」も、生物多様性の一面です。

さらに、様々な環境変化に対応するためには、乾燥に強い、暑さに強い、病気に強いなど、さまざまな個性をもつ個体が存在する必要があります。 そのため、同じ種であっても個体間で、また、生息する地域によって体の形や行動などの特徴に少しずつ違いがあります。 この「遺伝子の多様性(=それぞれの種の中でも個体差があること)」も、忘れてはならない生物多様性の一面です。

つながり合っていること

助け合う生きものたち

すべての生きものは、食べる・食べられる、助け合う、すみ分けるなど、いろいろな関係で複雑につながりあっています。

たとえば、ある1種の生きものがいなくなった場合、これを食べていた生きものやさらに食物連鎖の上位の生きものまで、広く影響を受けます。 一方、いなくなった生きものに食べられていた生きものは増え、これらがえさとする生きものにも影響が及びます。

また、もしかしたら、いなくなった生きものに花粉を運んでもらっていた植物が子孫を残せなくなったり、 同じような場所をすみかとする生きものが入りこんだり、予想もできないところまで影響が及ぶかもしれません。

生物多様性の概念には、生きものたちがこのような様々なつながりの中でバランスを取りながら、 過去から未来に向けて絶滅と進化を繰り返している状態であるということも含まれています。

私たちの暮らしを支えるもの

私たちも生きもののつながりの中の一員であり、生物多様性からの恵み(生態系サービス)を受けて生きています。

たとえば、私たちは、生きものそのもの、または発酵などの生きものの機能を利用して食べ物を得ています。また、紙や建材、衣服や医薬品の原料として利用しています。 そして何より、私たちの暮らしには、植物などによって作られた酸素、微生物などによって浄化された水が不可欠です。

さらに、生きものの形が工業製品のデザインに応用されたり、地域固有の自然環境がレクリエーションの場になったりするなど、生物多様性は様々な側面で私たちの暮らしを支えています。

生物多様性の危機

外来種による影響

現在、開発や過剰な利用(乱獲)、外来種の持ち込みなど人間の活動によって、生物多様性が危機にさらされています。 これまでのおよそ1,000倍の速度で生物が絶滅しているともいわれています。

国の策定した「生物多様性国家戦略」では、日本における生物多様性の危機の要因を4つ挙げています。

第1の原因は、開発や過剰な利用(乱獲)などです。たとえば、里地・里山の宅地化や干潟の埋め立てなどが挙げられます。

第2の原因は、里地・里山における人間活動の縮小です。まきや堆肥などをとるために人が入ることで維持されてきた里地・里山がその役割を失い、荒れてしまったため、里地・里山の動植物が減少しつつあります。

第3の原因は、外来種の影響です。本来そこにいなかった生きものが人の手で持ち込まれ、在来種を食べたり、餌やすみかを奪ったりするなど生態系に影響を与えています。さらに、農作物を食べたり、民家に侵入したりして問題になっています。

また、地球温暖化の問題も挙げられています。地球温暖化によって地球の気温が1.5~2.5℃以上あがると、約20~30%の動植物が絶滅するといわれています。

このままでは、生物多様性に支えられている私たちの暮らしにも影響が及ぶかもしれません。

外来種に関する詳細は、こちらをご覧ください。

外来種啓発パンフレット「なごやの外来種」(PDF形式:1.6MB)

なごや生物多様性保全活動協議会「外来生物について」(外部リンク)

外来生物法(環境省ウェブサイト)(外部リンク)

条例に基づく移入種の公表について(愛知県ウェブサイト)(外部リンク)

なごやの生きものたちの現状

なごやで見られる生きものたち

名古屋市には、東部丘陵地のまとまった緑地やため池、河川などを中心に、この地域固有の希少な生物を含む6,000種近い生きものが生息・生育しています。

しかし、都市化の進展に伴い、開発や外来種の侵入などによって生物多様性が損なわれてきました。

名古屋市が平成27年4月にとりまとめた「レッドデータブックなごや2015」では、市内での絶滅種及び絶滅のおそれのある種として、植物258種、動物232種がリストアップされています。

詳細は以下をご覧ください。

レッドリスト・レッドデータブック

なごやの生物多様性を守るために

「なごやの生物多様性」を守るため、私たち一人ひとりには何ができるのでしょうか。

都市に住んでいると、自然が身近なものとは感じないかもしれません。しかし、気をつけて見てみると、私たちの周りにもさまざまな生きものがいることが分かります。 私たちの身近なところで、どこにどのような生きものの「すみか」があるのかを知り、その「すみか」を守り・育てていくことが必要です。

また、現在、なごやには様々な外来種が侵入してきています。これらの多くは、野外に放たれて繁殖したペットや観賞用植物などです。 地域の生態系や農作物に影響を与えたり、人間に直接危害を加えたりすることもあるため、生きものをむやみに野外に放さないことが重要です。

ペットを最後まで責任を持って飼う、地元の旬の食材・環境に配慮した製品を選ぶなど、簡単なことから「なごやの生物多様性」を守るための行動にご協力をお願いします。

また、なごや生物多様性センターやなごや生物多様性保全活動協議会で実施している、生物多様性の調査・保全活動などに参加してみませんか?

「市民生きもの調査員の募集」はこちら

名古屋市の策定した生物多様性地域戦略は、以下からご覧いただけます。

名古屋市公式ウェブサイト「生物多様性2050なごや戦略」(外部リンク)

都市に残された貴重な自然・藤前干潟

藤前干潟は、名古屋市の南西に位置し、国内有数の渡り鳥の飛来地であり、底生生物など様々な生きもののすみかとなっています。

さらに干潟は、食物連鎖等を通じて海水の浄化作用の役割も果たしています。

かつて、名古屋市のごみの最終処分場として藤前干潟を埋め立てることが計画されていましたが、生きものにとって大切な場所であるとして保全されることになりました。

渡り鳥の中継地として国際的にも重要であることから「ラムサール条約」にも登録されています。

■藤前干潟についての詳細は下記サイトをご覧ください。

■『藤前干潟』ライブカメラ 映像配信中

藤前干潟ライブカメラ

Javaのセキュリティによりライブカメラ映像が表示できない場合は、こちらをご覧ください。

・Javaの設定方法(PDF形式:273KB)

担当 : 環境局環境企画部環境活動推進課環境教育担当
電話番号: 052-972-2662 ファックス番号: 052-972-4134
電子メールアドレス:a2662@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp

COP10(生物多様性条約第10回締約国会議)の開催

生物多様性条約は、特定の地域・種の保全にとどまらず、生物多様性の保全のための包括的な枠組みの必要性を踏まえて、1992年に採択された国際条約で、①生物多様性の保全、②生物多様性の構成要素の持続可能な利用、③遺伝資源の利用から生ずる利益の公正で衡平な配分を目的とし、193の国と地域が加盟しています。

条約の最高意思決定機関である生物多様性条約締約国会議(COP)は、2年に1回の割合で開催されています。

2010年10月に名古屋で開催されたCOP10には、世界各地から179の締約国、関連国際機関、NGO等から13,000人以上が参加し、会議では生物多様性条約の新戦略計画の採択を始めとする成果がありました。

また、COP10にあわせ本市では、生物多様性保全のために都市や地方自治体が果たすべき役割の重要性を確認し、地域行動につなげることを目的として「生物多様性国際自治体会議」を開催しました。

COP10及び生物多様性国際自治体会議の開催概要については、下記をご覧ください。

1.COP10の開催概要

2.生物多様性国際自治体会議の開催概要

担当 : 環境局環境企画課環境企画係
電話番号: 052-972-2661 ファックス番号: 052-972-4134
電子メールアドレス:a2661@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp

COP10(生物多様性条約第10回締約国会議)の開催

名古屋市は市民団体・市民の活動により、平成27年9月19日に、熊本市についで日本で2番目のフェアトレードタウンとして認定されました。

フェアトレードタウンとは、市民団体、商店、企業、行政が一体となってフェアトレードの理念を支持し、運動の輪を広げるために取り組んでいる都市のことです。

フェアトレードとは

開発途上国の生産者や労働者が人間らしい生活を送れるように、食料品や衣料品を公正な価格で買い上げることを通じて、生産者や労働者の生活だけでなく、環境や人権、文化などの面も改善していこうという運動のことです。

フェアトレードとは

生物多様性との関わり

開発途上国では、生産者や労働者に適正な賃金が支払われていないことのほか、生産性を上げるために必要以上の農薬散布や森林伐採などの環境破壊が起きています。フェアトレードは、生産者や労働者の生活改善だけでなく、継続的に品質の良いものをつくり、自然環境にも配慮することで持続可能な社会を実現するものです。

フェアトレード商品の例
コーヒー、チョコレート、ボール、切り花、コットン製品など

生物多様性との関わり

詳しくは、名古屋市公式ウェブサイト「フェアトレード」(外部リンク)をご覧ください。

担当 : 環境局環境企画部環境活動推進課市民活動推進係
電話番号: 052-972-2692 ファックス番号: 052-972-4134
電子メールアドレス:a2693@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp
ページの先頭へ戻る

Copyright © City of Nagoya. All rights reserved.