【ここから本文】

いのちかがやくなごやを次の世代へ伝えるために

なごやの生きものに関する情報を収集し、発信するとともに、なごやの身近な自然の調査・保全活動を推進する名古屋市の施設です。

  • 生きもの情報の収集・発信
  • なごやの生きもの調査
  • 連携・交流とネットワークづくり

地球上には、様々な生きものが互いに「つながりあい」そして「バランスをとりながら」生きています。この、生きものとそのつながりの豊かさを「生物多様性」といいます。

センターからの新着情報

過去のトピックス一覧

2016.9.30

「第3回なごや生物多様性センターまつり・生物多様性ユースひろば」を開催しました

平成28年10月30日(日曜日)に、生きものや環境について、子どもから大人まで楽しみながら学べるまつりを開催しました。生物多様性ユースひろばでは、高校の生物部などの学生たちが集まり、活動の成果を発表しました。...詳細はこちら

「第3回なごや生物多様性センターまつり・生物多様性ユースひろば」を開催しました
2016.9.9

ニュースレター「生きものシンフォニー いのちかがやくなごや」第19号を発行しました。

なごや生物多様性センターの活動等を発信するニュースレターの第19号を発行しました。...詳細はこちら

ニュースレター「生きものシンフォニー いのちかがやくなごや」第19号を発行しました。
2016.8.5

第27回生物多様性カフェ「西アフリカにくらす野生チンパンジー」を開催しました

平成28年9月25日(日曜日)に第27回生物多様性カフェを開催し、「西アフリカにくらす野生チンパンジー」というテーマで中部大学 人文学部共通教育科講師の大橋 岳さんにお話しいただきました。...詳細はこちら

第27回生物多様性カフェ「西アフリカにくらす野生チンパンジー」を開催しました
2016.6.24

第26回生物多様性カフェ「陸と海の狭間で生きるカニの仲間たち」を開催しました

学校法人神戸学園 神戸動植物環境専門学校教員の上野 淳一さんから、干潟や砂浜などに暮らす様々なカニの仲間たちや、近年絶滅に瀕している種、その保全策になどについてお話いただいた後、話題提供者と参加者の方々で気軽に楽しく語り合いました。...詳細はこちら

第26回生物多様性カフェ「陸と海の狭間で生きるカニの仲間たち」を開催しました
2016.03.22

機関誌「なごやの生物多様性」第3巻を発刊しました

なごや生物多様性センターの発行する機関誌「なごやの生物多様性」は、なごやに関係する地域における、生物多様性に関する原著論文、報告および資料などを募集し掲載する機関誌です。...詳細はこちら

機関誌「なごやの生物多様性」第3巻を発刊しました

Copyright © City of Nagoya. All rights reserved.